婚約指輪の品質

婚約指輪を購入する際の参考になれば・・・
カット、カラー、クラリティーのグレードについて、説明したいと思います。

ダイヤモンドを選ぶ際は、
まず、カットとカラットを優先して決めることをオススメします。
カラー、クラリティーは、素人目には判断しにくく、専門家の目でなければ、
実態が分からないのです。
ですから、一般の人が見ても、見た目で分かるカット、カラット重視で選べば、
後悔の少ないお買い物ができると思います。

では、まず、カット・・・
一番高いグレードのエクセレントには、トリプルエクセレント、
次に、ハート&キューピット、ノーマルエクセレントの3種類があります。
それから、Very good、Good、Fair、Poorと続きます。

続いて、カラーは・・・
無色のD、E、F、ほぼ無色のG、H、I。
わずかな黄色味のJ、K、L、M、非常に薄い黄色のN、O、P、Q、R。
最後に、一番ランクの低い、薄い黄色のS、T、U、V、W、X、Y、Zと
なっております。

最後に、クラリティーは・・・
一番貴重なFL、1Fに続いて、ごくごくわずかな内包物のVVS1、VVS2。
次は、ごくわずかな内包物のVS1、VS2、わずかな内包物のSI1、SI2となって
おります。

婚約指輪を選ぶ際は、これらのカット、カラー、クラリティーの品質基準を一つの目安として、お好みの商品を選ばれて下さいね。

ダイヤモンドを選ぶときは、もちろん!
ダイヤモンドを評価する、4つのCが基本です。
ですが、カットが高品質であれば、ダイヤモンドの繊細な輝きは、十分に楽しめるのです。
少しでもカラットのあるものを選べば、その迫力にも満足されることでしょう。
満足するのは、カットとカラットの2つのCが大切なのです。
女性なら、一生に一度の贅沢でもある婚約指輪は、
高価で貴重なダイヤモンドを希望したい。
よく分かりますが、20万円で購入できるダイヤモンドも、50万円を越すダイヤモンドも、
カットが良ければ、そう大差ない輝きを放つのです。
ジュエリーショップで、その違いを確認されてみて下さいませ。
最近ではダイヤモンドではなく誕生石を選ぶ方も多くいるそうです。
http://xn--zck4aza4jwa5cc9350d44ijkerz7bbpqbf5h.com/98.htmlのサイトでも誕生石を用いたエンゲージリングが紹介されています
自分の誕生石を身に着けることで様々なパワーを与えてくれるかもしれませんね。