婚約指輪の賢い選び方

婚約指輪といえば、ダイヤモンドが有名です。
ダイヤモンドは、昔も今も、定番中の定番になっており、婚約・・・
エンゲージのメインは、やはり、ダイヤモンドにあるようです。

そのダイヤモンドの賢い選び方について、紹介したいと思います。
ダイヤモンドには、4つのCがあることは、もう皆さんご存知だと思います。
が、もう一度、説明しますね。
4Cとは、CARAT(カラット、重量)、CUT(カット)、COLOR(カラー、色)、
CLARITY(クラリティー、不純物の含有度)の4つの頭文字を取り、4Cになります。

この4つのCは、世界基準があり、ごまかしはできなくなっております。
4つのCが一致する商品は、同等品となりますので、
様々なジュエリーショップの価格を簡単に比較することができ、
また、その商品と価格が適正であるかどうかについても、比較することができるのです。

婚約指輪購入時の予算に応じて、ダイヤモンドを選ぶ際、
優先すべき順番は、まず、CUT(カット)、次に、CARAT(カラット、重量)、
続いて、COLOR(カラー、色)、最後に、CLARITY(クラリティー、不純物の含有度)となっております。

CUT(カット)には妥協をせず、COLOR(カラー、色)、CLARITY(クラリティー、不純物の含有度)は多少下がっても、少し大きめのCARAT(カラット、重量)を選ぶと、良いと思います。

そのタイプのダイヤモンドは、コストパフォーマンスが高く、
指に付けたときに、ゴーシャスに見えるからです。
専門家でないと鑑定できない部分はランクを下げ、一般の人でも分かるポイントを
押さえておけば、贈り主である男性の対面も保たれるのではないでしょうか。

婚約指輪は、男性の気持ちの表れです。
女性への愛情の深さが、すぐ見て取れ、周囲にも、その気持ちが分かるものでもあります。
賢い婚約指輪の決め方として、女性の優越感を満足させ、男性の対面が保たれる選び方を、
紹介いたしました。

こちらには一生に一度の大イベントである結婚披露宴について詳しいサイトがあります。
結婚披露宴までの流れがhttp://xn--h1s64a26mrz3awb1a.asia/23.htmlに載っています。
本番までにはたくさん時間が必要になりますので、自分たちらしい素敵なイベントにしてください。
結婚披露宴について参考になりそうなサイトをいくつか用意したのでご覧ください。

▼披露宴前に必要な準備についてはこちら
http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.ws/2.html

▼感動する素敵な演出についてはこちら
http://www.churchandfamily.net/

▼世界の結婚披露宴事情はこちら
http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.cc/9.html