ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

婚約指輪をパートナーとお揃いでつける事の意味

付き合っている段階であっても、指輪をつける事はあります。
実際に私も過去に誰かと付き合っていた時には、その都度安い指輪を購入してお揃いでつけていました。
パートナーに対してより多くを求めていた訳では有りませんでしたが、結婚の約束をして婚約をした際に相手から婚約指輪の話が少しも出なかった事に対して少しだけ寂しい気持ちになった事を覚えています。
確かに結婚は物によって結ばれる物ではありません。
気持ちがお互いに結ばれてこそ、結婚へと繋がって行く事になるのです。
しかし気持ちがいつまでも離れない事を確認する為に、目に見える何かによってそれを表したいと考える部分が私にはありました。
今から考えてみると、そういった部分の考えの不一致が最初から存在していたのだという事を改めて感じる事が出来ます。
私は当時の婚約者と婚約指輪は愚か、結婚指輪すら交わす事なく結婚しました。
周りから見てもお気軽に感じられる、まるでママゴトのような結婚であったのではないかと今では確信しています。
しかしその当時は、指輪などがなくても心でしっかりと繋がっているのであれば問題ないと私は信じていたのです。
確かに指輪があろうとなかろうと、心が離れる時にはそれを止める事は誰にも出来ないでしょう。
しかしそれでも婚約指輪の段階からしっかりと手順を踏んでおく事の出来る経済力などはやはり必要であったと感じます。
気持ちだけでは全てにおいて生活が満たされる訳ではありません。
結局は金銭面での安定と、それに伴う金銭感覚のズレがお互いにない事が大切になってくるのです。
出来るのにしない事と、最初から出来ない事とでは全く状況が違ってきます。
指輪の話に関しても、購入する事が出来る状態であるにも関わらず、あえて後の為の事を考えて購入しないという事を二人で相談して決める人もいるでしょう。
購入はする物の、ランクを下げる事などをしっかりと二人で話し合って決める場合もあるでしょう。
それは可能であるにもかかわらず、あえてしないという事になります。
私の場合はそうではなく、最初から購入する事も出来なかった部分もありますが、何よりも相手がそういった物が必要でないと考えていた部分が大きかったように感じられます。
その必要がないという部分に関しても、将来の事を考えた上で少しでも貯蓄などを行う事を考えた時に必要ないと判断したのであればそれでも良いかもしれませんが、自分が趣味などの為に使うお金がなくなってしまう事を避ける為の行動であったのです。
私は基本的には余り物欲がある方ではなく、特に無駄使いをする方でもありません。
しかし、絶対に必要な物などについては出し惜しみする事なくしっかりと後悔のないような選択をする事にしています。
お互いのそういった価値観の違いなどをしっかりと理解しあう事が出来ているか否かといった部分が、婚約指輪などその物よりも大切な部分になってくるのかもしれません。
最初は小さなすれ違いかもしれません。
自分が少し我慢などをしている事によってそれで解決する問題であると感じるかもしれません。
しかし時がたてば次第にすれ違いの部分は大きくなってしまう事になります。
最初の段階でどれだけ話し合い意見を共有する事が出来るかといった部分が大切なのです。

視力を回復させるにはレーシックがおすすめです。
手術時間も短く、成功率も高いので安心して受けることができます。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?