ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

婚約指輪が持つ神聖な意味について

愛する女性に男性から送られる婚約指輪をエンゲージリングと言います。
外国映画などで、男性がひざまずいて女性に指輪を渡すシーンは有名であり、とても感動的でロマンティックです。
子供の頃映画を見てはよく憧れたものです。
プロポーズには婚約指輪が欠かせません。
日本ではひざまずく人はあまりいませんが、プロポーズの際に渡す男性も多いです。
男性が婚約指輪を女性に渡す事により、永遠の愛を違い、受け取った女性も同じ気持ちだと言う意味合いがあります。
元々は、古代ローマ時代に、約束を誓約する証として鉄の輪を婚約指輪として用いたのが始まりと言われています。
また指輪にはもう一種類あります。
男性と女性が結婚した証にペアでつける指輪が結婚指輪であり、マリッジリングと呼ばれています。
エンゲージリングもマリッジリングも左薬指につけます。
左手の薬指にはめるのには、実は理由があるのです。
左手の薬指と心臓は血管で直接つながっているので、愛の血管も繋がっているからという言い伝えが元となっています。
昔は婚約指輪は給料の三ヶ月分などと言われていました。
男性も大変でした。
結婚を考える男性には準備しなければと焦る人もいます。
安い買い物ではありません、形、サイズ、ダイヤの大きさなど女性にしっかりリサーチし趣味にあった指輪を購入しなければいけません。
しかし最近では婚約指輪にそれ程こだわりを持つ女性も少なくなっています。
プロポーズしてから二人で選びに行くカップルも多く増えています。
また婚約指輪を購入せず、結婚指輪だけ購入するカップルも増えているのです。
私は夫と付き合って10年程たってから結婚しました。
10年も一緒にいると最初のときめきは薄れてしまいますが、一緒にいるだけで安定や安心感があります。
一緒にいるだけで幸せであり、自由な考え方をお互い尊重したかった為、結婚はせず良いパートナーでいる事を選んでいました。
しかしある時夫から、シンプルで可愛らしい小さな石の付いた指輪を渡されました。
彼なりに男としてけじめをつけたかったのです。
いつまでも自由な仲を選んでいた私ですが、照れながら渡す夫に感動し、結婚する事に決めました。
ときめきが薄れてしまった二人でしたが、久しぶりにドキドキし嬉しさが込み上げてきました。
指輪などには何のこだわりを持たなかった私ですが、やはり貰うのは嬉しいものでした。
安い指輪だと思います。
しかし金額ではなく気持ちなのだとしみじみ思わされました。
私にはとても意味のある指輪になりました。
その後、身内だけの簡単な式を挙げ、シンプルなプラチナの結婚指輪を購入しました。
今は結婚して本当に良かったと思っています。
私はこのような考え方ですが、人によっては違います。
私の妹は婚約が決まってから彼と二人で指輪を買いに行きました。
彼のセンスには任せられないと、予算を聞き出し、自分が気に入る物を見つける為に宝飾店を探しまわりました。
妹曰く、自分が身につける物である為、変な物はつけたくない、また高価な一生物なので失敗はしたくないという理由があったようです。
やはり女性は高価な指輪や、ダイヤの大きな指輪を貰う方が嬉しいと言うのが本音の人が多いのかもしれません。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?