ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

一生の宝物になる婚約指輪の選び方

結婚の約束をした記念となる婚約指輪は、もらっても普段はあまり身につけていません。
しかし、一生の思い出になるものでもあり、高価なものなので慎重な選び方をします。
男性が、内緒で婚約指輪を購入して女性に贈ることも多いです。
自分の場合には、やはりデザインも一番気に入ったものが欲しかったので、一緒に選びにいきました。
婚約指輪の選び方は人それぞれ違います。
気に入ったブランドがある場合には、ブランドで選ぶこともあります。
また、高価なものなので、予算を先に決めて予算に合ったもので選んだり、デザインで選んだりといろいろです。
婚約指輪の石は、ダイヤモンドが多いです。
ダイヤモンドには、カットの仕方や石のグレードなどが石によって違います。
そのため、石の質によって価格も違います。
自分のときにどのように選んだかを思い出してみると、ダイヤモンドの質と価格で選びました。
指輪を購入すると、鑑定書がついてきます。
ダイヤモンドの質などが書かれている鑑定書も、婚約指輪と一緒で一生の宝物になります。
しかし、指輪を買う場合にはとても高価なため、予算を相手の婚約者に確認をすることが大切です。
気に入った指輪があっても、予算的に買うことができないこともあります。
そのため、相手から贈られるものでも、相手に無理をさせないようにすることが大切です。
相手に無理をさせてしまうようなことでは、いやな思い出になってしまうことがあるので注意が必要です。
贈る側も贈られる側もこれからの新しいスタートをする約束の品として、幸せな気持ちになるような選び方をすると良いです。
婚約をしたからといって必ずダイヤモンドの指輪を贈らなくてはいけないというわけではありません。
好きなブランドやデザインのものを贈られた場合には、とても満足感もあって気分も良いです。
そのため、これからのスタートを気分良く始めることができるように、お互いが満足いくようなものを選ぶことが大切です。
婚約をしてこれから二人で新しいスタートをするという記念品として、他のものでも良いです。
贈られたものを見るたびに、そのときの贈られたときのお互いの気持ちを思い出すことができると良いです。
最近では、大きな石がひとつついているような立て爪のデザインの指輪ではないものも多いです。
エタニティリングという宝石の終わりがなく、指の周りを一周しているデザインのものも多いです。
このような指輪は、終わりのないデザインのため永遠という意味もあるので人気があります。
大きな石のついている指輪は、もらったときに高級感もあるしとても満足感があります。
しかし、日常生活の中でいつも指にはめていることができるかというと、キズなども心配なのでほとんどしまいっぱなしにしていることが多いです。
普段の生活の中では、いつもつけておくことにはむきません。
子供の入学式や卒業式には、パールの指輪を付けることが多いので、婚約指輪をつけてでかけることはほとんどありません。
そのため、エタニティリングは結婚指輪の上に重ねてつけたり、結婚指輪と両方をかねて購入することも多いです。
どのような指輪を選ぶ場合でも、相手から贈られたときのお互いの気持ちを忘れないことが大切です。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?