ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

現在の婚約指輪の相場とはどのくらい

婚約指輪は一昔前までは給料の3か月分と言われてきました。
まだ、そういった言葉が頭に残っている世代の方や、周囲の方から聞いた事がある方にとっては婚約指輪の相場はかなりハードルの高いものだと認識されている事だと思います。
私も結婚前に彼から婚約指輪を贈りたいと相談を受けましたが、やはり上記のような相場で考えていたようで、その時の給料はまだ派遣で働いていたので自分には難しいと思い、正直に相談してくれたのですが、現在の相場は昔のバブルの頃と比べると平均収入もかなり下がってきていますし、実際に沢山収入を得られている20代から30代の男性はごくほんの一部に過ぎない事が現状なのです。
私も彼を安心させたくて色々見てみましたが、現在の婚約指輪の相場は15万円位と見つけ、彼に話すととても安心した顔を見せてくれました。
また、それに付け加えると、結局は贈る気持ちの問題であり、高いから良いという訳ではありません。
贈られる女性側もそれぞれ好みがありますし、高いから気に入ったという訳では決してないのです。
私もかなり1つのアクセサリーを購入するまでに時間をかけて好みの物を探すタイプなのですが、決してそれぞれが高いものではないのです。
でもどれもとても気に入っており、ずっと使い続けたいと思える物ばかりなのです。
お金の事は女性側が男性側の予算よりも高過ぎる物を求めてきた場合は別ですが、そうではない場合には無理して高い物を購入される必要はないのでそこは安心しておかれると良いでしょう。
また、好みがありますので、一緒に探す事がお勧めです。
最近はデザインを全て自分の好みの物をカスタマイズしながらオリジナルの指輪を手頃な価格で作る事ができる所も沢山あります。
共働きのカップルの方も多いですし、一緒にゆっくり見られるので私もそうでしたが、そういったサイトを二人の時間が合う時に見ながら話を進めていきました。
そうして大体決めてから店舗へ行き、実際に見てから購入を決めました。
忙しいという理由もありましたが、二人で一緒にサイトを見ながら話す事で結婚への意識も高まりますし、男性は結構そういったアクセサリー店が苦手な方もまだまだいらっしゃいます。
私の彼の場合もそうでした。
ですので、見て決めてから店舗に行き、実際にまた色々見てから購入するという流れはとてもスムーズにいったので、是非、ゆっくりと二人で事前に選んでから予め行く店舗をある程度絞られておく事をお勧めします。
婚約指輪は結婚するまでの期間だけではなく、結婚してからもつけても良いものです。
私はシンプルな物が好きだったので、先での結婚指輪の購入も考えながら一緒につけても良いようなデザインの物を購入しました。
結婚した今では、重ねづけして外出したりと自分なりにアレンジしながらどちらの指輪も使っています。
婚約指輪もずっと使っていける物なので、是非年を重ねても飽きの来ないデザインの物を色々見ながら探されて贈られる事をお勧めしますし、一緒に探す事でより絆が深まっていき、中々照れてしまってしにくい結婚に対しても話がしやすい環境になっていくので、こういった共同作業も大切にしながらいかれる事をお勧めします。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?