ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

婚約指輪を渡す場所はどんなところでも思い出になる

婚約指輪をいただいた場所は人それぞれだと思いますが、どのようなところが多いのでしょうか。
よく耳にするのはレストランなどですが、時にはとても面白いところで渡されたという人の話を耳にすることもあって、とても驚きます。
実際には婚約指輪の存在で嬉しくて気にならない、という人もいるのですが、一番驚いたのはお手洗いから出てきたらいきなり目の前に出されたとき、というものがありました。
ずっとお手洗いの前で待っていたのかと思うと、ちょっと恥ずかしかったということを言っていましたが、やはり表情は笑顔でした。
場所はだいたい決まっていることもありますが、どうして底場所に決めたのですか、という質問をすると、彼女の希望や思い出があるところだから、ということをいわれる方が多いように思いました。
婚約される二人にとっては思い出に残る瞬間ですので、女性は思い切りロマンチックにしてほしい、という人もいればいつの状態のときにさりげなく渡してほしい、という人もいます。
婚約するときは、大体がお付き合いしているときの記念の時が多いとも聞きました。
実際にいただいたときは、誕生日のときだったのですが、サプライスでもなんでもなく、ごく自然な状態でさりげなく渡されたので、とても驚きました。
ですが、こんなふうにお互いを自然に感じられるような想いを感じているのだから、嬉しいのは当然だとも思いました。
婚約指輪をいただいた場所は彼の家のリビングでした。
面白い状況だとかロマンチックな雰囲気ではなかったですが、とても嬉しく感じたのは忘れません。
場所などはあまり関係がない、ということを婚約指輪をいただいたときからしばらくすると思うようにもなりました。
婚約したときから気持ちもとても優しくなれましたし、場所はそこまで気にはなりませんでした。
自分をパートナーとして選んでくれたということを何よりも喜ぶことのできた瞬間でした。
婚約指輪は結婚指輪とは違い、もらうこともある人とない人がいると聞きました。
ですが、男性はできれば婚約指輪を必ず渡してあげたいとも思うものだそうです。
シュチュエーションなどもこったものにしたいという人や、サプライズをしたいという人もいます。
男性によると思いますが、それぞれに思い出に残るようにと考えてくれるだけでもとても嬉しいものではないでしょうか。
指輪をはめてくれた瞬間も選んでくれていたその時間も、色々なことを考えるようになりました。
ですが、やはりいつも笑顔になれるようになりました。
遠距離だったのですが、それまで何度も会っていてもなかなか婚約のお話などや結婚の言葉もそれまではなかったので、とても驚きました。
場所のことを考えてもいたのかもしれませんが、一番リラックスをしている状態でいられるところを選んでくれたのだと思います。
恋人の数だけ違う思い出があるように、婚約を申し込むところもとても多くあることでしょう。
ですが、それぞれでとても記念にもなる、一生の思い出にもなるところでもあるので、あまりおかしなところでは笑ってしまう思い出にもなりそうです。
しかし、それもまたいい思い出になるのだとは思います。
婚約指輪は思い出と一緒に指で輝いています。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?