ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

結婚指輪は綺麗だけど今じゃ入らない…

初めて結婚指輪をはめたあの時は、自分の指にピッタリ、いや少し緩いくらいでピカピカ光る自分の指に惚れ惚れしたものです。
それから10年経ち、何故だか指もとがきつくてきつくてしょうがない。
もっと年月が経ち、結婚から20年以上。
今では、箱に入れ箪笥の奥底に大事にしまってある始末。
いつの間にこんなに太ったんだろ…。
って10年たったころから気づいてはいたんですけど。
今から本格的にダイエットというものを始めなくてはいけないなと考え始めた今日この頃です。
今では美容のためというよりか、本当に健康のために始めないと駄目だなという年齢になってしまいました。
でも、ダイエットってなんであんなに辛いんですかね。
まずは美味しい美味しい、生きる上での三大欲求の中でもあるお食事を我慢。
なおかつ、汗をだーだーにかきながらのひたすら動く運動さん。
もう考えるだけでも恐ろしいことです。
ポテトチップスを食べながら、お昼の情報番組を見る毎日の私には辛すぎます。
だけど、健康的に痩せるためにはある程度の食事制限も運動も必要なんですよね。
年の功というもので、「この食材だけを食べれば痩せる」というものは長くは続かないということは分かっているんです。
伊達に歳はとっておりません。
でも、テレビで「トマトがダイエットには良い」と聞くと何故だかスーパーでトマトを手に取っている自分がいます。
あれ、何度失敗をすれば気が済むんでしょ。
ああいった単品ダイエットをするのはある程度痩せた人向きですしね。
真剣に健康的に痩せたいんであれば、やはり地道にやるしかないんですよね。
では、地道なダイエットって何なんでしょう。
本当にダイエットってしなければいけませんか。
と少々逆切れぎみに自分に問いかけたくなってしまいました。
ダイエットって本当に恐ろしい。
人をも変えてしまいますね。
でも、ダイエットにばかり目を向けすぎるのもよくないみたいですね。
ある外国のモデルさんが拒食症が原因で亡くなってしまったことを機に、「痩せすぎモデル」について色々と物議をかもしたみたいですね。
痩せていることが=綺麗といった極端な考えを女性(特に若い少女)に与えてしまうといったことらしいですが。
人それぞれに適正体重というものがあるのに、もっと細く、十分痩せているのに自分はデブで太っているといった誤った考えをする人が特に若い人に多いみたいです。
美ってなんなんですかね。
確かに、痩せていれば痩せているほどお洋服は綺麗に見えます。
でもたかが布切れです。
そのお洋服を脱いでしまったら果たして綺麗といえるのでしょうか。
でもまあ、難しいですね。
人が思う「美」こそ人それぞれですもんね。
年の功を重ねるごとに、痩せている太っているよりもほかの所にその人の魅力が現れると思います。
それがどこに現れるのかは私にも分かりませんが。
っと色々とぶーたれて言い訳し続けてみましたが、ダイエットですよね。
ダイエットって自分の理想的な体を考えてやらなければいけませんよね。
ある程度の年になるとシミや皺などで自分の顔自体に憧れがなくなるので難しいんですよね。
だからそういう意味でも、年をとってからのダイエットは難しく大変なんです。
まずは、お肌をぷるぷるにして自身を持てる顔にしなくては。
そのためには、しっかりと栄養を取らなくてはいけませんね。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?