ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

結婚指輪は気持ちの面でも準備する方が良い

私は結婚した際に結婚指輪は貰いませんでしたし、私自身も準備しませんでした。
婚約指輪も無く、今考えても軽い感覚の結婚であったのではないかと感じてしまいます。
結婚指輪は物である為に、必ずしも必要な物ではないかもしれません。
婚姻関係を結ぼうと考えた時に、書類上では婚姻届を提出する事によって結婚する事が出来ます。
指輪は一つの形に過ぎず、絶対に必要不可欠な物ではないのです。
しかし気持ちの問題ではどうでしょう。
明確な計画性の元であえて指輪の購入をしない事については夫婦二人の考え方の問題である為に誰かが口出しできる問題でもありません。
しかし元々購入する予算もなく、無くても良いと最初から考えていたのではどうでしょうか。
それでは余りにも結婚に対しての覚悟がないのではないかと今では考えるようになっています。
自分自身が結婚をした時、気持ちがあれば他には何もいらないと考えている気持ちが大きかったように思います。
確かに気持ちの問題も重要です。
しかしながらお金に関する責任を一切負わない結婚は、やはり後の価値観の違いなどを生んで行くきっかけに繋がるのではないでしょうか。
けじめの問題として、私は安くても指輪が欲しかったです。
その点は値段ではなく、気持ちの問題を優先しても良いでしょう。
最初から一切そういった点にお金をかける予定が無いという事は、結婚する事自体にお金の問題という責任を負わないという事になります。
私は結婚式さえ挙げる事はありませんでした。
当時は私も若かったのでしょう。
ただ気持ちの面が先走り、一緒に居られる事が何より嬉しかったような気がします。
しかし現実問題はそう簡単にはいきません。
どれだけ気持ちが自分にあっても一方通行では駄目ですし、気持ちで生活が満たされる訳ではありません。
結婚指輪や結婚式を挙げる事が全てではありません。
しかし責任を背負う覚悟が出来ているか否かといった問題に関しては、その部分はとても重要になってくる部分なのではないでしょうか。
当時の私にはそんな事は全く分かりませんでしたが、今では分かります。
指輪を購入する為に、式を挙げる為に、計画を立てて夫婦となった後でもお互いに頑張って行く事が出来るのであればそれも一つの形なのかもしれません。
しかし式を挙げる事も最初から考えず、指輪の購入などについても最初から無理であると諦めていたり、無駄であるから要らないと勝手に判断するようでは駄目なのです。
確かに小さな事です。
しかしそのほんの小さな事が時と共に大きなすれ違いを生んでしまう事にもなってくるのです。
お互いに気持ちを持ち続ける為にも、生活の安定など金銭面で精神的な部分が満たされている必要があります。
どれだけお互いに気持ちがあったとしても、金銭面で余裕がなくなり生活を当たり前に営む事が難しくなれば関係は悪くなるでしょう。
結婚式を挙げる能力があるのか否か、その時には指輪も何も購入する事が出来なかったとしても後に二人で計画を立てて購入したり式を挙げる計画を立てたりする事の出来る金銭感覚を共有する事の出来る関係が必要なのではないでしょうか。
気持ちも勿論大切です。
しかしそれだけでは生活をしていく事は出来ません。
年が若い、老いているなども関係ありません。
そういった点をしっかりと相手と話し合い、自分との感覚の違いなども理解した上で判断する事が求められるという事を離婚を経験して現在理解する事が出来たと感じています。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?