ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。
  • パティシエ講座
  • 建築家講座
  • フラワーアレンジメント講座

こだわりをふんだんに盛り込んだ結婚指輪

私は数年前に結婚し、その際に結婚指輪も購入しました。
結局かなり無難な見た目の指輪になりましたが、その実、結構こだわりがつまっています。
そこで、我が家がどのようにして結婚指輪を選んだかをここでご紹介したいと思います。
まず最も重視したのは「できるだけ生活に支障がないようなシンプルなデザインの物を」ということでした。
というのも、私も夫も仕事をしているので、公の場にその指輪を付けていくことになります。
そうなると、公の場で付けていてもおかしくないもの、つまり、おのずとシンプルなものとなります。
また、仕事ではパソコンを使うことが多いので、指輪がごついとどうしてもキーを打つ時に違和感が出てきます。
特に私は薬指と中指が近い状態でキーを打つ癖があるので、なおさらでした。
また、家事をすることを考えるとシンプルなものでないと、洗濯物にひっかけたりしそうで怖かったというのもあります。
では、凹凸や飾りがないデザインがいいかというとそういうわけでもありませんでした。
付けた時に、手がきれいに見えるようなデザインのものが理想だったので、何件もジュエリーショップをはしごして、色々な指輪を付けてみました。
結果、指輪の正面で一回ひねっているような、華奢なデザインのものに決定。
付けた時に指がすっと長く綺麗に見える絶妙なデザインでした。
しかも、男の人がつけても違和感がなく、女性らしすぎないのも気に入っています。
厚さが1ミリ程度なので、付けていても重さを感じませんし、邪魔に感じることもありません。
ちなみに、婚約指輪と合わせてつけてもしっくりくるデザインです。
ここまでは見た目と機能性のこだわりですが、ここからははた目から見ただけではわからないこだわりを。
まず、金属アレルギーの私に合わせてプラチナの指輪です。
できるだけ純度の高いものを選んでいます。
そのため、今まで数年付け続けていますが、水にぬれても汗に濡れても全く皮膚に問題ありません。
そして、これも他人から見られることではないのですが、指輪の内側にとても小さな宝石を埋め込んでいます。
カラーダイヤといい、ダイヤの中でもそれだけでは商品にならないほど小さなものを着色しているのだそうです。
色のバリエーションが豊富で黄色系、赤系、青系と10色ほどありました。
その中でも結婚に合うのが青だと聞き(理由は覚えていませんが)、濃い青のダイヤを内側に入れてもらったのです。
金額は1万円とお手頃でした。
また、私たちが結婚指輪を購入した店舗では、指輪の内側に彫る名前にも工夫ができるとのこと。
私のイニシャルと夫のイニシャルの間に入れる文字や記号をいくつかから選べたのです。
「TO」と英語をいれることもできるし、ハートマークもできるとのこと。
そこでダメでもともとと思い「四つ葉のクローバーを入れてもらいたい」というと、何と入れてくれました。
これは夫が四つ葉のクローバーが好きという理由からですが、何となく「自分たちの結婚指輪」という感じがして気に入っています。
結局2つ合わせて10万強しましたが、納得のいく指輪ができたと感じています。
長年つきあうことになる結婚指輪。
自分のこだわりをふんだんに盛り込んで、納得のいくものになってことを嬉しく思います。

最新記事

  • product1

    ダイヤモンドなどに使われる、重量を示す単位「カラット」。昔、何で宝石の重量を図っていたのか…?など「カラット」の歴史について解説しています。

    カラットの歴史

  • product2

    婚約指輪を選ぶ際、何に重点を置いて選べばよいのか…高級感のある指輪とは?コストパフォーマンスのいいダイヤモンドとは?

    賢い選び方

  • product2

    喜んでもらうには、事前に知っておいた方がいい情報。どのようなブランド婚約指輪が人気なのでしょうか。女性の憧れブランド婚約指輪を徹底調査!

    指輪が愛情の深さ?